Brass Kerosene Stove ブラスケロシンストーブ

商品カテゴリー:

100年変わらないリアルビンテージ

100年以上前から現代まで変わらず製造され、アフリカや南アジアの電気やガスなどのインフラが未整備の一部地域で調理に使用されています。
現代の製品に比べると機能性は皆無に等しく様々な不便を強いられます。
使用にあたっては練習しコツをつかむ必要があります。
一般の製品とは全く異なる物である事をご理解頂ける方のみご購入下さい。
しかしながら長い時を経て変わらないデザインはまさにリアルビンテージです。現代の製品にない独特の魅力があり所有感を満たすことができます。ぜひコレクションに加えて頂ければと思います。

     仕様    

不便さを愉しむ

ブラスケロシンプレッシャーストーブは非常に原始的な仕組みで便利機能は一切ありません。火力もカセットコンロ程度で調整もできません。またすぐに使用することはできません。
使用前にはプレヒートと呼ばれる事前作業が必要です。プレヒートカップにアルコール燃料を入れ熱伝導率の高い銅製バーナーを過熱します。加熱されたバーナーのカッパーチューブ(銅管)を灯油が通る間に灯油が気化しバーナー中央のジェット(小さい穴)から気化した灯油ガスが噴き出る仕組みです。
噴き出たガスに点火することでコンロのように青い炎が出て調理できるようになります。
プレヒート不足でバーナーの温度が灯油を気化させることが出来ない場合、灯油が液状のまま吹き出し、激しく燃え上がることもあり危険です。うまく使用できるようになるまでには構造の理解とある程度の経験が必要になります。
一度炎が安定するとバーナーはその炎で加熱され続け、灯油を気化する温度を維持できます。

初めのうちはほとんどの方が何回も失敗を繰り返すこととなります。
風・外気温・灯油の量(多すぎても少なすぎてもダメ)など様々なことが影響します。
メンテナンスも必要です。古いバイクのキャブレターのようにバーナーのジェットが汚れたり詰まったりする場合がありクリーニングニードルを使っての定期的な清掃などメンテナンスが必要になります。
それらの過程を含めて楽しんで頂ける様な方にご購入頂ければと思います。

バーナーに火を着けること自体が焚火の火を起こす様に面白く何より楽しむことが

できます。不思議と何度も使いたくなる不思議な魅力があります。

100年前から変わらないが故の不便さをご理解の上、ご使用、お愉しみください。

  • サイズ    (使用時)幅 約21.5cm、奥行 21.5cm、高さ 約21cm   
  • 重量      約1.2kg(付属品含む)
  • 容量  1L
  • 材質等 真鍮・銅・鉄 など
  • 生産国     インド
  • 付属品 日本語マニュアル、保守用具(クリーニングニードル、交換用パッキン、交換用ジェットなど)
  • 価格      12,000円  [PS-01-001]

     品質について    

日本向けに企画・製造されている製品ではありませんので仕上がりにラフな部分がございます。当時の製造方法のままハンドメイドで製作されておりますので、現代的な精緻な仕上がりではなく日本人の感覚としては全体的に荒い作りとなっています。これも味の一つとしてお楽しみください。
五徳は真鍮製ではなく亜鉛メッキで防錆処理されていますが、使用を重ねるにしたがって剥離してまいりますが製品の不良ではありません。

     ご使用にあたっての注意事項    

  • 100年前から変わらない構造で非常に使用が難しい製品です。 使用環境も限られておりご理解の上、ご購入下さい。
  • 外気温が低く過ぎる場合は使用できない可能性があります。
  • 屋外で安定してプレヒートを行うため別途、ストーブの周りを囲む風防が必要です。また、着火後も風が強い場合などは状況に応じて風防をご使用下さい。
  • 保存時に灯油が残っていると昼夜の気温の変化による内圧の上昇によりバーナー部等から灯油の漏れが生じますので、保存時は灯油を抜いて保存して下さい。
  • 点火不良になった場合は、激しく炎が上がります。燃えにく服装・保護具の着用が必要で落ち葉等燃え広がる恐れのない場所でのみ使用して下さい。
  • 火災の恐れがありますので周囲に可燃物等(落ち葉等を含む)のない状態でご使用下さい。 お客様自身で安全確保の上ご使用下さい。
  • 日本向けに企画・製造されている製品ではありませんので仕上がりにラフな部分がございます。
  • 当時の製造方法のままハンドメイドで製作されておりますので、現代的な精緻な仕上がりではなく日本人の感覚としては全体的に荒い作りとなっています。これも味の一つとしてお楽しみ下さい。
  • 五徳は真鍮製ではなく亜鉛メッキで防錆処理されております。使用を重ねるにしたがって剥離してまいりますが製品の不良ではありません。

 

     品質等その他について    

真鍮のくすみについて

真鍮部のくすみについては金属研磨剤等でお手入れするときれいになります。真鍮の性質によるもので不良ではありません。

仕上がりについて

真鍮溶接部等に粗さがあります。日本製と比べると大きく見劣りしますが、これも南アジアのハンドメイドのリアルビンテージの味としてご了承下さい。

五徳の表面処理は剥離します

五徳の亜鉛メッキは使用していくと徐々に熱により剥離してまいりますが不良ではありません。現代のようなステンレス製ではなく昔から変わらない製法ですので、予めご了承下さい。

(販売予定)プレヒートカップ用ウインドスクリーン

プレヒートカップ用ウインドスクリーンの販売を予定しております(現在準備中)。